車内援交の相場は?車でのプレイは安上がりで出会いが見つかりやすい!

車内 援交

車内援交って何?

車内援交の相場はいくらくらいなの?

車内援交とは、車の中でプチ援交や本番行為を行うことをいいます。

車内援交のいいところは、

  • ホテル代を必要としない
  • 交通費が必要ない
  • 短時間で終わることができる

ということが上げられます。

ケンタ

この記事では、車内援交のメリットやリスク・相場などについて解説していくので、興味のある方はご覧ください!

車内で援交を行うメリットは何?

車内援交を行うことによるメリットとは何でしょうか?

自分の車を使用するだけでも大きな利点ですが、その他にも大きなメリットがありますので、これからご紹介していきます。

ホテル代を節約できる

ホテル代を節約できる

どのようなプレイをするのかによりますが、プチ援などの行為に利用料金がかかるような場所に行くのは馬鹿らしいと感じるでしょう。

ちょっとした密室があれば十分なので、自分の車があるならばそれを利用したほうがいいです!

本番行為を行うのにホテルに行く必要がないと考えている人は、代替する場所として車の中で行うことも可能。

ケンタ

車内で本番行為などを行っている場合、警察に通報される可能性もあるので場所選びには最大の注意を払いましょう!

お金だけ取られて逃げられることが無い

お金だけ取られて逃げられることが無い

車内で援交を行う上で重要になるのが、自分のテリトリーである自車で行えるということです。

自分の車に女性を乗せることで、逃げられる可能性がなくなります。

女性の中には、お金だけを受け取って逃げる人も少なくありません!

車内援交を行う上で、女性に車に乗ってもらえるのかどうかが勝負の分かれ目になります。

ケンタ

逃げられない環境というのは、女性にとってもプレッシャーになるので、最大限の配慮を行いましょう。

短時間で行為を終えることが出来る

短時間で行為を終えることが出来る

車の中で援交を行う時に、車内がそれほど広くないことがマイナスポイントになる可能性があります。

どんなプレイをしたとしてもそれほど長期戦になることは難しく、短時間で終わらざるを得ないということです。

短時間で行為が終わるということは、別の異性とプチ援交を行うことができますので、掛け持ちを行いたい人にとっては利点があります。

ケンタ

車内援交の平均時間は30分~40分程度。車で送り迎えができることも車内援交のメリットです。

車内援交はリスクが高く女性からは不評?

車内援交 リスク

女性にとって車内援交はとてもリスクが高く、あまり評判は良くありません!

車内などの逃げられない環境ということで、

  • 誘拐される
  • どこか山奥の知らない場所で放置
  • 約束以上のことをされる

可能性を考えると思います。

社内援交は女性にとって不評で、リスクしかないということを把握しておきましょう。

それでも車内援交に持ち込みたいのであれば、女性に対して危険だと思わせないような誘い方や工夫しないといけません。

車内援交の平均相場は?プチ援との違いはあるの?

車内援交 相場

車内援交を行う上で気になるのが平均相場ではないでしょうか?

実は、車内で行うからと言って、プチ援交の相場が変わるということは一切ありません。

ホテル代やネカフェなどの利用料金を必要としないため、男性にとっては安上がりとなります。

車というシチュエーション自体が特別なものではないので、プレイに対して何らかの加算料金がかかるわけではありません。

通常のプレイにおける相場と同じだと考えた方が良く、本番行為だと15,000円、フェラであれば10,000円、手コキであれば5,000円ぐらいと考えておきましょう!

プラン 相場 時間
フェラ援交 10,000円 60分
手コキ援交 5,000円 30分
本番援交 15,000円 60分

車内援交をするときにオススメのスポット3選

車内で援交を行うのであれば、駐車可能な場所を選択する必要があります。

いくら駐車するスペースがあったとしても、頻繁に人通りがある場所であればプレイに集中することができませんので、それにふさわしい場所を選びましょう!

無料駐車スペース

車内援交 無料駐車スペース

駐車料金がかからない場所でやれるのであればそれが一番ですが、無料で駐車ができる場所を探すのは意外と難しかったりします。

無料駐車スペースがある場所で思いつくのは、

  • 公共施設
  • 公園
  • 道の駅

などの駐車場ではないでしょうか?

これらの場所は日中であれば無料で止めることができ、人通りが少ないスポット。

夜間だと閉まっている可能性がありますので、利用する場合は確認しましょう!

立体駐車場

車内援交 立体駐車場

ショッピングセンター内には平面駐車場と共に立体駐車場が完備されているところがあります。

平面駐車場はよく目につくような場所にありますので、そういう中で性行為を行うのは難しいでしょう。

その点、立体駐車場で薄暗く人通りも少ないので、入口から離れた場所であれば人目に付きにくいことが考えられます。

奥の方に駐車をすればそれほど見られるということは少なくなりますので、立体駐車場はオススメのスポットです。

コインパーキング

車内援交 コインパーキング

公共施設の駐車スペースやショッピングセンターの立体駐車場であれば無料で利用できますが、コインパーキングであれば有料になります。

有料で利用したとしても、カラオケボックスやネットカフェを利用するよりは、安く利用することが可能。

コインパーキングであれば24時間対応していますので、夜間であれば利用者が少なくなります。

車内でプチ援交を行うときの注意点

車を使った援交を行う際に車の扱いについて気をつけた方がいいことがあります。

以下に挙げる3点について気を付けていれば、満足いく車内での援助交際を行うことができるので、特に男性は注意した方がいいです。

車は汚れないようにケアしよう

車の中でプレイをしていると車の中が汚れる可能性があります。

車の中が汚れてしまうと見た目や臭いが充満するので、汗や液体が飛び散らない様に、座席の下にタオルなどの敷物を準備しましょう!

汚れた場所をウエットティッシュでふき取ることもおすすめです。

臭いが気になるのであれば、消臭剤を利用するなどしてください。車の中で継続的に援交をやるなら、こまめにケアしましょう。

隠したいならサンシェード

車内で援交を行う時に、その行為を完璧に隠すことはできません。

普通ならば車の中で何をやっているのかそれほど興味を持っているわけではありませんが、怪しいことをしているなと感じれば、覗き込んでみようと思う人が出てきてもおかしくありません。

他人に覗かれるリスクがどうしても付きまといますので、そういうリスクを極力避けるためにフロントやドアなどをサンシェードで隠すという手があります。

路上駐車の通報

夜などに路上駐車をして車内援交をしていると、地域住民などから警察に通報される恐れがあります。

ちょっとした時間なら路駐をしても構わないと思うかもしれませんが、通報されるリスクがあることは知っておいたほうがいいでしょう。

通報されるリスクを冒してまで路駐をするくらいならば、どこかの駐車場を利用することをおすすめします!